ART

【ムーミン展 THE ART AND THE STORY】を六本木で見てきました

現在、六本木アーツセンターギャラリーで開催中のムーミン展へ行ってきました。
前売券を購入し、とても楽しみにしていたのですが。
想像以上のトーベ・ヤンソンさんの画力と情熱、展示数の多さ(約500点)、そしてグッズの多さ楽しさに気力体力ともに残量3%ぐらいになりました。

見ても見ても時間が足りない気がして、できればもう1回行きたいです。

 

 

 

 

ムーミンについて予習するなら

キャラクターは知っているけれど、実は本を読んだことがない三大名作(あくまで私の場合)。それが、くまのプーさん、スヌーピー(正確にはピーナッツ)、そしてムーミンでして……。

展示室内には作者のこと、本の内容について説明があるので心配はありませんが、もし軽く予習したい場合や絵を見ることに集中したい方はムーミンの公式サイトにムーミンの歴史が紹介されています。作者のトーベ・ヤンソンさんについては、こちらに。そもそも、ムーミンは動物なの?妖精なの??という方には、こちらを。

まずは1冊購入しようかしら。

展示数の多さには理由があります

今回、展示数は約500点。展示リストは図録の最後に収録されていて、公式ホームページ上では私は残念ながらリストを見つけることができませんでした。ちなみに、展示室にも展示リストはなかったと記憶しています。

そして、なぜこんなにも作品数が多いのかというと、挿絵の小ささ(もちろん大きいものもありますが)と、小さい挿絵でも1点ずつ展示されているから。たまに、小さい挿絵がひとつの額に沢山入っていることもありましたが、それだとゆっくり見ていると後ろからくる人たちに申し訳ないというか。なので、個人的には小さい作品でも1つ1つ額に入っている方がじっくり見られました。

それにしても、よく残っているなぁと。数センチ四方のものや、そのイラスト部分だけ切り抜かれたもの、整理する方も大変だっただろうなぁ。個人的には鉛筆で描かれたものも好きでした。比率としてはペン描きのものが多かったと思いますが、やはり作品保護のためでもあるのかな、と。

ラフな線で描かれたものもあれば、細かな細かな線を描き込んで描き込んで仕上げた作品もあり、美しい水彩も。キャラクターの可愛さ、ちょっとした不気味さの印象を上回る、ヤンソンさんの画力にただただ感嘆。細かな線で描かれた海、波、背景を埋め尽くす線、もうただただその凄さに、美しさから目を離せませんでした。

また、ムーミンは小説からコミック、テレビシリーズ、アニメ、オペラ(!)へと発展し、グッズも多数発売され、そういった流れも紹介されているので、確かに展示数は多くなるな、と。

展示室入り口は、やはり混雑することもあるので。もし、順番に見ることにこだわらないのであれば、1回ざっと最後の章まで歩かれてどれぐらい作品があるのかを把握するのもいいかと思いました。私が2回めも行きたいと思う気持ちに少し賛同いただけると思います。

ひたすらに「かわいい!」「綺麗!」「線!線!!!」という単語を繰り返しておりました。

なお、展示室を出ると特設ショップなのですが、一度展示室を出るともう展示室には後戻りできません。また、特設ショップも一度出てしまうと戻れません。つまり、完全なる一方通行。見残し、買い残しの無いよう、どうぞお気をつけください。

写真撮影可能エリア

展示室の最後に、写真撮影可能なエリアがあります。

ムーミン展の写真撮影可能エリアの様子

『ムーミン谷の冬』初版本のなかから、キャラクターたちが飛び出していきます。


み、みなさん少々怒ってらっしゃる??


絵を覗いているのは、ムーミンの”ご先祖さま”かな?

購入したグッズ

いつもグッズが売られているスペース=会計&待機列場所になっていました。その手前に設けられた巨大なグッズショップスペース。ショップの入口で足がすくみました(大袈裟)。未だかつて、この美術館でこんなに大きなショップスペースがあったのだろうか(あったかもしれません)。

ショップの入口から見えたかどうか忘れてしまったのですが。入口から一番遠い正面の壁に今回の展覧会でのみ発売される限定商品が飾ってあります。その種類の豊富さに息を呑みました(これは本当)。本気すぎる。

誘惑に弱い方(つまり私)、要注意です。半分目をつぶって出口まで駆け抜けるしか無いと思います(私は無理でした)。

図録

ムーミン展の図録
何枚か撮影したのですが、残念ながら本物の表紙の色と同じようには撮れませんでした。
ショップでご確認くださいませ。
B6変形(約13.5✕約19.5、厚み約2.6センチ)、300ページ以上あります。

一般的な図録と比べるとお手頃サイズ&重み。

展覧会で購入しなかったけれど、やっぱり欲しい!という方には通販もあります。

絵はがき

ムーミン展で購入した絵はがき
この線の描き込み。私、今までどこを見ていたんだろう。きっと、ムーミンの丸みしか見てなかったんだな、と反省。
見ているうちに、版画をペンで再現しているかのように思えてきました。

ムーミン展で購入した絵はがき
幻想の世界のようでいて、写実的でもあり。

ムーミン展で購入した絵はがき
上の作品には、A4サイズぐらいのポスターもありました。本当は欲しかった……。


 

モノクロ、カラーどちらの作品も絵はがきの種類が豊富で、本当に楽しかったです、嬉しかったです、絞りきれず泣きました。

マグネット2種類

ムーミン展で購入したマグネット
国産ヒノキの間伐材から作られたマグネットだそうです。袋から出したら、ヒノキの良い香りがしました。
裏面は、こんな感じになっています。


他にも数種類ありました。が、頭が興奮していて覚えておりません。


この図柄、本当に大好きです。
こちらの図柄は銀行の広告で使われたそうです。

A4ダブルクリアファイル

ムーミン展で購入したクリアファイル

ムーミン展で購入したクリアファイル 
可愛すぎる。

マスキングロールステッカー

ムーミン展で購入したマスキングテープ
限定のマスキングテープも3種類ほどあったのですが。こちらのロールステッカーに決めました。本当は、普通のマスキングテープも1種類は欲しかった。

ハンドタオル

ムーミン展で購入したハンドタオル

裏面は、こんな感じです。

大きさは約25センチ四方。

ミルクビスケット

ムーミン展で購入したクッキー
なんと、卵型。ですが、縦置きはできませぬ。

ムーミン展で購入したクッキー
底の部分が平らになっております。

ムーミン展で購入したクッキー
私のは8種類、全部で15個のビスケットが入っていました。軽くてパクパク食べれてしまいます。

サブレ

缶好きとしては、こちらも入手できるかハラハラしていました。一時売り切れと公式ツイッターに出ていたので。

ムーミン展で購入したクッキー
包装も可愛くて、本当は捨てたくない……。


個包装になったサブレが12枚入っています。

 

猿田彦珈琲オリジナルブレンド

ムーミン展で購入したコーヒー。

ムーミン展で購入したコーヒー

ドリップバッグが5個入っていました。

ガチャガチャ

1回300円で、本物の陶器が!

ムーミン展のガチャガチャ
同じものが出たらやめようと思ってたのですが、5個目まで別々の種類がでたので満足してやめました。(いや、本当はあと3回引いたら全8種類揃えられるんじゃないかという欲もあったのですが)


通常のカップと大きさ比較です。

 

ムーミン展のガチャガチャ
はぁ。かわいい。ガチャガチャを企画してくださった方々、ありがとうございます。躊躇せず、あと3回挑戦すればよかった。

購入したものを入れてくれた袋(ショップ袋)

ムーミン展のグッズを入れてくれた袋
これが、一番大きいサイズ。

赤いのは知りませんでした!

出口付近の壁に、スナフキン発見。

ムーミン展のグッズ売り場の壁にスナフキン

 

本当は欲しかったグッズ

私が行ったときは、記念プレート、マグカップ、スクエアプレートは売り切れだったようです。
あとは輸入版ポスター、2種類あるうち1種類売り切れていた方も欲しかったし。ベリー系のジャムも欲しかった。とてもしっかりした自立するアクリルスタンドだって、本当は欲しかった。Tシャツも可愛かったなぁ。

「辛い。買いたい。辛い。物欲こわい」と、ぶつぶつ言いながらレジへ。

 

コラボカフェにも行ってきました

森アーツセンターギャラリーと同じ階にあるCafe THE SUNではムーミン展とのコラボメニューが楽しめます。詳しいメニューは、こちら(PDF)をご覧ください。

ムーミン展コラボカフェの様子
カフェも大盛況で、席に座るまで40分ほど待ちました。が、窓際の景色のよいテーブルに座れて嬉しかったです。(なのに、景色の良さを証明する写真は1枚も撮ってきていないという)


オリジナルコースターももらえました。机にもムーミンたちがいて可愛かったです。

ムーミン展コラボカフェのコースター


『スナフキンバーガー』です。


抹茶味のトルティーヤでできた帽子。トルティーヤ2枚で帽子ができています。お花は蜂蜜でくっつけられています。


帽子をとると、フィッシュフライバーガーが。ピクルスとトマトの輪切りも入っていました。

ポテトも美味しく、大満足。パエリアも美味しそうだったのですが、バーガー本当に美味しくて大満足(大事なので2回書きました)。

 

展覧会とは関係がないけれど、私が持っているムーミングッズ

Ekelund

ムーミンの公式ホームページを見ていたら、”エーケルンド(Ekelund)”という文字がでてきました。はて、どこかで見たことがあるような??

箪笥のなかから引っ張り出してきました。

ムーミングッズ
これだ!

何年前かすっかり忘れてしまったのですが。銀座のデパートでムーミングッズがフロア中に溢れていたことがありまして。
確か、かなり大きなムーミンハウスの再現もあったような?

で、そのときあまりの可愛さと色の美しさに購入。

ムーミングッズ
48✕70センチの、本来は縦長の布です。布?

ムーミングッズ
そうそう、どの模様にしようか心底悩んだんでした。

ムーミングッズ
裏側には、引っ掛けて使えるように”織ネーム”が。

どうやら使いこむほどに風合いが増すそうなのですが。もったいなくて、一回も使っていないという。もったいない、もったいないと、しまい込むものがなんと沢山あることか……使われるために生まれてきたのに。ごめんね。だって、もったいないんだもん。

限定ピンバッジ

2017年に松屋で限定発売されたピンバッジ。売上がルーム・トゥ・リードへ寄付されるということもあり4つ購入。

松屋限定ムーミンのピンバッジ
毎年、違うキャラクターが使われているようなのでしばらくムーミンのものはないのかなぁ。

まとめにならないまとめ

ムーミン展へ行く前日は、あまり目を酷使せず。気力と体力と平常心(これは、主にショップで必要??)を満タンにして、お出かけくださいませ。

この規模の展示は、今後すぐにはないかもしれないので。ムーミンが好き、ムーミンが気になるという方々は、ぜひ足を運んでみてください。単なる(というと大変失礼ですが)キャラクターではなく、本当に芸術だな、と個人的には作品を見て思いました。

 

 

ABOUT ME
コアラ
館ファン倶楽部の管理をしているコアラです。 週末は映画館か美術館にいることが多いので、家族からは「今日はどこの館(かん)へ行くの?」と聞かれるようになりました。 皆さんのお役に立てるような館情報を提供していけたらなと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です